採用企業3870社、のべ受講者数250万人以上のアルク英語教材

4,400円(税込)以上は国内送料無料

よく検索されるワード
キクタン
TOEIC
ヒアリングマラソン

体験者インタビュー 石井孝明さん ※モニター受講

1000時間ヒアリングマラソン 体験者

※学習効果には個人差があります。

これまで経験したことのない英語学習に魅了されています。

会議で聞き取れない、話せない。現状を変えたくて受講を決意

石井孝明さん

──英語学習が必要になった背景を教えてください。

仕事で、海外の関連会社と日常的に英語でやりとりをしています。ただ、会議ではネイティブスピーカーの発言内容が聞き取れなかったり、自分の意見を英語で伝えられなかったりすることがよくあります。こうした現状を変えなければという危機感から、本腰を入れて英語学習に取り組もうと思いました。

──さまざまな学び方がある中で、通信講座を選んだ理由は何でしょうか。

英会話学校も検討しましたが、共働きで子どもがいるため定期的に通うのが難しいことと、受講料の高さがネックでした。通信講座なら自分のペースで学ぶことができ、金銭面での負担も少ないので、無理なく受講できます。

──「1000時間ヒアリングマラソン英会話」を選んだ理由を教えてください。

会議で相手の発言を理解し、自分の意見を言えるようになるためには、聞く力と話す力の両方を伸ばす必要があると考えました。「1000時間ヒアリングマラソン英会話」は、まずテキストと音声を使ってリスニングに取り組み、そこで学んだ内容をベースにオンライン英会話でスピーキングの練習をするという仕組みなので、自分のニーズにぴったりでした。

学んだ内容をベースにオンライン英会話。
だから、レッスン内容が頭に残りやすい

石井孝明さん

──受講を始めて1か月半がたちました。感想を聞かせてください。

受講してみて感じたのは、これまでの英語学習では触れ合うことのなかった「生きた英語」がふんだんに盛り込まれているということです。

これまで、独学でTOEIC®対策の勉強をしてきました。TOEIC®では基本的なビジネス英語が学べますが、「1000時間ヒアリングマラソン英会話」の教材には、そこからさらに一歩進んだ、より実際のビジネスの現場で使われる英語表現が使われているように感じます。聞いたことのない英単語もたくさん出てきて、まったく新しい英語の世界に足を踏み入れた気がしています。

──マンスリーテキストを使った学習は、どのように進めましたか?

毎日、通勤時間にiPhoneで音声を聞いています。夜は子どもたちが寝た後にテキストを広げ、iPadで音声を聞きながらじっくりと学習に取り組んでいます。「コースガイド」のおすすめプランに従って、テキストは各コーナーを順番どおりに学習しました。

特に好きなのが「シネマ試写室」です。取り上げられていた作品がとても面白そうだったので、近々ぜひ見たいと思っています。「ニュースの斬り方」も興味深いですね。単語や和訳、解説が細かく付いていて、ここまでしっかりと英語ニュースを精読できる素材はなかなかないと思います。もっといろいろな英語ニュースに触れたいと思い、最近はポッドキャスト※1も聞き始めました。

──オンライン英会話を受講してみて、いかがでしたか?

仕事で北米の方とやりとりをすることが多いので、初回は北米在住の日本人講師を選びました。学習素材には、「気になる話題でトーク!」のコーナーを選択。テーマである「引退後のライフスタイル」について、自分の意見を言えるように、あらかじめ考えをメモした上でレッスンに臨みました。

講師の方は、私の話す機会が増えるようにとたくさん質問してくれましたし、分からない表現があれば適宜教えてくれたので、とても参考になりました。1カ月近くかけて学んできた内容をベースに議論するので、レッスンで話した内容が頭に残りやすかったです。次回はイギリス人の講師をすでに予約していて、今から楽しみです。

※1 ポッドキャストは教材に含まれません

学んだ単語や表現を身につけ、会議で発言できるようになりたい

石井孝明さん

──学習を進める上で、工夫しているポイントがあれば教えてください。

スマートフォンアプリ「ALCO」をよく使っています。ディクテーションをする際などには、指定した範囲だけをリピートできる機能がとても便利ですね。また、再生速度を変更できる機能も活用しています。どうしても聞き取れない音声は0.7〜0.8倍くらいの速度に設定すると、聞き取りやすくなります。

学習の進め方について相談したいときや、英語について質問があるときは、テストコの「学習相談」から質問しています。通勤時間の学習法について質問した際には、「音声を聞きながら頭の中で要約してみるのがおすすめ」という具体的なアドバイスをいただきました。毎回、丁寧なお返事をいただけるので、学習の励みになっています。

また、アルクが主催する受講生向けセミナー※2にも積極的に参加しています。他の受講生から学習の進め方などについて体験談を聞くこともできて、参考になりますね。

──「1000時間ヒアリングマラソン英会話」の受講を通じて、どんな目標を達成したいですか?

今はまだ、テキストの音声で聞き取りが難しいものがあるので、まずはどのコーナーも聞き取れるようになりたいです。そして、テキストで学んだ単語や表現をしっかりと身につけて、オンライン英会話のレッスンで言えるようになればいいなと思います。もちろん、最終的には、会議などの場でネイティブの英語を少しでも多く聞き取り、自分の意見を伝えられるようになることが目標。臨機応変にやり方を工夫しながら、頑張って完走したいと思います。

※2 ALC Learners' Club、ALC Speakers' Clubなど、アルクが開催している英語学習者向けイベント。一般の方もご参加いただけます。(2020年4月現在)今後の開催について、詳しくはセミナーご案内ページをご参照ください。

石井孝明さん

石井孝明さんが体験された、
1000時間
ヒアリングマラソン英会話

あなたも始めてみませんか?

1000時間ヒアリングマラソン英会話 イメージ画像

「本物の英語」で、使える英語を身につける。

1000時間
ヒアリングマラソン英会話

標準学習期間:12カ月

講座の詳細はこちら

500円で「ヒアリングマラソン」を試せる「体験キット」もあります

ヒアリングマラソン体験キット イメージ

「ヒアリングマラソン」に興味があるけれど、「自分のレベルに合っているか不安」「まずは試してみたい」というあなたのために「ヒアリングマラソン体験キット」が誕生しました!

「ヒアリングマラソン」のメソッドや素材に実際に触れて、お試し学習してみませんか?

(「体験キット」では、『マンスリーテキスト』のコーナーの一部を体験できます)

★ [R]と[L]の発音のコツなどを紹介する解説動画を3本ご用意しています。

★「体験キット」の料金が実質タダになる「500円」のクーポンをプレゼントします。

(クーポンは「ヒアリングマラソン」シリーズの
対象商品にお申し込みいただく際にお使いいただけます)