監修者からのことば

「TOEIC(R)テスト 650点突破マラソン」へようこそ!

金谷 憲 ●総合監修

金谷 憲
東京学芸大学 名誉教授

650点突破には「中学英語」の復習を

TOEICテスト650点突破。そのためには、「中学英語をしっかりと復習して、中学英語の定着を目指せばいい」と言われています。特別変わったことをしなければならないということはありません。「中学英語の定着」が絶対に必要なのです。

中学英語をバカにする人が多いのですが、実はこれがバカになりません。英語での普通の国際コミュニケーションで、高校以上の文法・語法がなくて困ることはそれほどありません。単語は別として、新聞でも、ビジネスでの会話でも、日常会話でも、中学英語で十分なのです。特に文法ではそう言えます。そして、当然、発音は中学校で出てくる単語や文を正しい発音で頭に入れていればそれでいいのです。

中学英語の大切さを信じない人がいます。この際、ポイントは「定着」です。道具立ては中学英語でいいのですが、問題はその道具を十分に使いこなせるかどうかということです。道具が十分身に付いているか(定着しているか)どうかなのです。この講座では「中学英語の定着」を目指しています。

「繰り返し」で頭に入れる

学英語が定着していれば、「英語を英語の語順ままに理解する」ことができます。この講座では「英語を英語の語順のまま理解できる」こと、つまり、よく言われる「直読直解」ができるようになることを目指しています。

しかし、このことは段階的に練習しなければできません。よく「英語で考えろ」などと言う人がいますが、「はい、それではそうします」などと言って明日からできるというものではありません。単語やフレーズ(句)など、意味のまとまりがすぐにとらえられるような練習をし、徐々に単文から重文・複文、さらには文章へと英語を理解できるようにして、英語が頭に残っていくようにしなければ、「英語で考えられる」ようにはなりません。この講座では、単語レベルから文章レベルまで徐々に英語を英語の語順のままに理解したり、使ったりできるようになるように工夫しています。

「大人のための」英語学習

て、中学英語の復習と言っても、単純に中学校の教科書を引っ張り出してきてもう一度勉強しようというのではなかなかうまくいきません。中学校の教科書では、題材が中学生に合わせてあるため大人にとって退屈だからです。

この講座では、大人に合った話題を多く取り上げ、日常生活シーンだけでなくビジネスシーンでも使える語彙や表現をカバーしていますので、社会人に合った内容で英語の基礎・基本をマスターすることができます。安心して基礎英語の定着に取り組み、TOEICテスト650点突破にチャレンジしてください。 Good Luck!

ウィンドウを閉じる