採用企業3870社、のべ受講者数250万人以上のアルク英語教材

4,400円(税込)以上は国内送料無料

よく検索されるワード
キクタン
TOEIC
ヒアリングマラソン

<新開講>1000時間ヒアリングマラソン英会話 [音声DL・電子書籍付き]

1000時間ヒアリングマラソン [音声 DL・電子書籍付き]

商品情報
価格(税込)
54,780

商品分類

学習分野

レベル

学習時間

標準学習期間

通信講座

リスニング
スピーキング

英語中級~

-

12カ月

Web限定申込ご利用可能なお支払い方法
・クレジットカード(一括・分割払い)
・コンビニ後払い(@払い)

ALCO 無料アプリ 音声DL&再生がスマホでできる!

1000時間ヒアリングマラソン英会話

月額相当は【税込価格÷学習期間】、日額相当は【税込価格÷(学習期間×30日)】で算出しています。

申し込み締切り
ただいま2月号スタートのお申し込み受付中です。

英語の壁・・・・を感じている方が増えています!

  • 英語が喋れるのは当たり前!?
    ナチュラルスピードで話しかけてくる外国人が増えてきた。
  • 日常会話はできるのに、会議では聞き取れない、
    自分の意見も言えない。
  • 録音された英語をマネするだけの勉強法に、伸び悩みを感じている。

そんなあなたは
インプットインテイクアウトプットで、
英語の壁を乗り越えよう!

話せる人と話せない人の違いは何か?

答えは、アウトプット量の差です。ただ、話してさえいればいずれはペラペラに...ということは残念ながらありません。「インプット→インテイク→アウトプット」という言語の習得に不可欠な3ステップを踏むことが必須だからです。アウトプット力の基礎となるインプット、自分の理解へ転換させるインテイク、「知っている知識」を「使える知識」に変えていくアウトプット。Trial and Errorを繰り返しながら練習するのが理想です。やりたいと思った時が伸びる時。ぜひ、このコースを上手に活用して、学びを実践へつなげていってください。

冨田三穂先生

冨田三穂先生
(神田外語大学講師/1000時間ヒアリングマラソンコーチ)

「1000時間ヒアリングマラソン英会話」で
使える英語をモノにする!

テキストでインプットインテイク、オンライン英会話でアウトプットして、使える英語をモノにします。

インプット・インテイク

英語を英語のまま理解

インプット・インテイク

学習テキスト(12冊)

アウトプット

聞き貯めた英語で自分の考えを展開

アウトプット

オンライン英会話(12回)

1カ月の学習サイクル

1カ月の学習サイクル

実践的な英語が身に付く!

オンライン英会話で使用するコーナー

マンスリーテキストの7コーナーのうち
オンライン英会話で対象の4コーナーをご紹介

1

英語スケッチング(ドラマ仕立ての
日常会話)
  • 話の要約力
  • 相手に
    伝える力

2

スピーキング魂(ビジネス会話)
  • 状況の要約力
  • 相手に
    伝える力

3

ニュースの斬り方(ニュース)
  • ニュースの
    要約力
  • 相手に
    伝える力

4

気になる話題で
トーク!(フリートーク)
  • 自分の意見を
    組み立てる力
  • 表現力

なぜ1000時間?

英語のまま理解できる為に必要な時間!

50年にわたって寄せられた多くの学習者・識者の所見から
英語を英語のまま理解できるようになるためには、
1年で約1000時間、英語の音に触れることが必要とアルクは考えています。
1年間「聞いて理解する」過程を繰り返すことで、英語の運用力アップを目指します。

学習テキストは、
「毎月新しく制作」+「バラエティ豊富なコーナー」+「充実の学習サポート」で、
1年間飽きない・挫折しない工夫が満載です。

講座のポイント

  • point1

    世界で使われている「リアルな英語」を学ぶ
    マンスリーテキスト イメージ画像 毎月新しく制作したテキストを使って、さまざまなシーン・ジャンルの音声を素材に「今、世界で使われている英語」を学ぶので、英語コミュニケーションの場ですぐに役立つリスニングの即戦力が身につきます。
  • point2

    あらゆる場面に対応できる「英語の耳」をつくる
    映画やニュースなど、バラエティーに富んだ英語を聞くことで、どんな場面にも対応できるオールラウンドな英語力を養います。

    テキストに沿って、小さいSTEPを踏みながら、徐々に「聞けるようになっている」ことを実感していただけるよう、学習手順を考えました。
    テキストのページをめくるごとに、毎月英語を聞き貯めるごとに、力の伸びを実感できるでしょう。

    また、昨今のグローバル化の流れに対応して、ノンネイティブスピーカーの英語はもちろん、言いよどみ、言い間違いを含むリアルな音声でより実践的な英語力を養います。TOEIC(R)テスト対策にもぴったり!
  • point3

    素材ごとに最適化されたトレーニング法で学ぶ
    英語学習はダイエットと同じで、正しいやり方で行わないと効果が出ません。

    冒頭で重要なメッセージが語られるニュース英語と、徐々に内容が明らかになってくる物語の英語とでは、聞き取り方のアプローチが違います。本講座では、コンテンツそれぞれの特性に合わせたトレーニングを行うことで、効率よく「聞く力」を伸ばします。

    「ブレークスルー」に到達していただくため、素材の特性に合わせて、英語教育現場で実績のある指導者が考案した、一番、効果が早く現れる学習法を提唱しています。
  • point4

    学習の総仕上げ①オンライン英会話で発話実践(毎月)
    学習の総仕上げ① イメージ画像 毎月の学習の成果を確認するために、オンライン英会話で実践力を磨きます。
    レッスン対象のコーナーから1つ選び、英語で「要約+自分の意見を述べる」に挑戦!
    1カ月聞き貯めた英語をブラッシュアップしていきます。
    ※オンライン英会話の受講には、Skypeのご準備が必要となります。
    ※利用環境の詳細はこちら
  • point5

    学習の総仕上げ②TOEIC(R)形式のテストで英語力の伸びをチェック(毎月)
    受講中は毎月、TOEIC(R)テスト形式を取り入れたテストで英語力の伸び、学習成果を確認しましょう。受講生専用サイト「テストコ」で、パソコンやスマホから簡単にテストの提出や結果の確認が行えます。
    ※学習アプリ「ALCO」から簡単にテストコにアクセスすることも可能です。
      

ヒアリングマラソン最新情報

編集長が語る!2020年2月号 のおすすめ
12月20日(金)までのお申し込みで、2020年2月号スタート

杉田編集長
HMカバー

2020年が始まります。この1年は生活の一部に英語学習を取り入れて、"英語の耳のブレークスルー"を目指してみませんか?毎月制作する旬な素材とメソッドで「ヒアリングマラソン」がしっかり伴走させていただきます!

【これで聞ける! 英語の音】
単位や位取りなど、数字の聞き取りは意外に厄介なもの。今月は、聞き間違えると大事にもなりかねない数字の聞き取りにフォーカス。ここでしっかモノにしましょう!

【スピーキング魂】
「言える」音は聞き取れる。この考えに基づいたトレーニングをビジネスで頻出する会話を題材に行います。今月取り上げるのは、容赦ないスピードでやりとりが進むレストランでの注文の場面。さまざまなアウトプット練習を通して、リスニングとスピーキングを同時に鍛えます。

【気になる話題でトーク!】
アメリカ、スペイン、オーストラリア出身のスピーカーが、引退後の理想の生活について語り合います。日本の高齢者を見て気付いたこととは? 退職者コミュニティーってどう?など、スピーカーたちのトークに耳を傾けてご自身の意見を英語で考えてみましょう。TOEIC(R)S&Wや英検試験対策にも役立ちます!

【カルチャー再発見】
アメリカの作家H・S・ホワイトヘッドによる短篇「お茶の葉」の連載第3回。思わぬ大金を手にし、新たな人生へと足を踏み入れつつあるミス・アビーが受け取った手紙の内容とは? 登場人物の心の動きを想像しながら、物語を味わいましょう。

【シネマ試写室】
今月の映画は、大ヒットしたフランス映画のハリウッド版リメイク『THE UPSIDE /最強のふたり』。仕事もなく、妻や子どもからも見放されたデルは、首から下が動かない大富豪フィリップの介護人の職を得ることに。映画本編の生の英語をじっくり聞いて、セリフを音で理解します。

この他にも、"Unplugged"な生活を求めて田舎暮らしを始めた一家のドラマを聞き取る【英語スケッチング】、世界のニュース3本の聞き取りに挑戦する【ニュースの斬り方】など、飽きずに学習を続けられる多彩なメニューをお届けします。一緒に走り始めましょう!

500円で「ヒアリングマラソン」を試せる「体験キット」

「ヒアリングマラソン」に興味があるけれど、「自分のレベルに合っているか不安」「まずは試してみたい」というあなたのために「ヒアリングマラソン体験キット」が誕生しました!
「ヒアリングマラソン」のメソッドや素材に実際に触れて、お試し学習してみませんか?
(「体験キット」では、『マンスリーテキスト』のトレーニングの一部を体験できます)

★前アメリカ大統領のバラク・オバマ氏の演説を素材にして [R]と[L]の発音のコツなどを紹介する解説動画を3本ご用意しています。
★「体験キット」の料金が実質タダになる「500円」のクーポンをプレゼントします。

※クーポンは「ヒアリングマラソン」シリーズの対象商品にお申し込みいただく際にお使いいただけます。

※オンライン英会話のレッスンは受講はできません。テキスト学習のみの体験となります。

教材について

         
教材構成 コースガイド 2冊(テキスト学習用・オンライン英会話用)/『マンスリーテキスト』12冊/マンスリーテストHEMHET12回/オンライン英会話12回/修了証(修了時)
  • ※『ENGLISH JOURNAL』は付かないコースです。
  • ※『マンスリーテキスト』は、PDFと音声付き電子書籍(EPUB)もご提供しています。
  • ※収録音声(MP3)、テキスト(PDF)、音声付き電子書籍(EPUB)は、毎月10日より受講生専用サイト「テストコ」からダウンロードできます。
  • ※ダウンロードは受講期間中にお済ませください。
  • ※テスト提出にはインターネットに接続し、アルク受講生専用サイト「テストコ」のウェブ採点をご利用いただく必要があります。
  • ※「テストコ」の動作環境をご確認ください。
  • ※「オンライン英会話」の利用環境をご確認ください。
コーチ/解説者(順不同) 松岡昇、里井久輝、冨田三穂、霜村和久、三吉美加、柏木しょうこ
受講スタート 毎月25日締切→翌月9日までに【初回の】教材をお届けします。
※12月のみ20日締切
※オンライン英会話につきましては、開講月9日までに受講案内のメールをお送りします。
商品コード MT
編集者より

人気の『ENGLISH JOURNAL』が付いてくるコースはこちらです。

ボタン1000時間ヒアリングマラソン(12カ月コース)

試聴とカリキュラム

教材体験

実際のテキストを一部ご覧いただきながら、教材の音声等を試聴できます。以下の「マンスリーテキスト」ボタンを押していただくと、別ウィンドウが開きます。どうぞお試しください。

※こちらのテキストはCDご提供時のものになります。CDマークは2020年1月からはスピーカーマークに変更となります。

鮮度抜群の生きた英語を毎月お届けします

テキストはどこからはじめてもOK

その日の気分やスケジュールに合わせてコーナーを選んだり、お気に入りのコーナーに集中して取り組んだり......と、学習にあてられる時間や英語力、気分に応じて自由度の高い学習ができるのがこの講座の魅力の一つです。

頼れるコーチ陣による教材

日本人英語学習者への指導に実績のあるコーチ陣が練習メニューを設計。あなたの学習を強力にサポートします。

【主任コーチ 松岡 昇先生からのメッセージ】

「1年で1000時間英語を聞く」ことを目指すこの講座では、「英語を母語のように、半自動的に理解する」習慣をつくります。そのためには、「大量に聞く」ことは必須条件であり、また、時に質的負荷をかけて「細部にわたって詳しく聞く」訓練も必要です。ヒアリングマラソンの聞き取り練習は、結果的には会話力も含め英語の総合力につながります。各コーナーの、素材に合った学習法を参考に、自分に合った走り方を見つけてください。私たちが伴走します!

コーチ

主任コーチ
松岡 昇(獨協大学 講師)

詳しいコーナー・コーチ情報

量と質を兼ね備えた、充実のメニュー。毎月、旬な素材で制作される教材で、楽しみながら本物の英語力をモノにできます。

レベルの目安 :初級 ★★:中級 ★★★:上級

Basic Phonetics    レベル

英語の音声現象を学び、聞き取りの基礎力をGETこれで聞ける!英語の音

自然な英語において発生する、音の「連結」「脱落」「消失」などの音声現象を、その音声を学ぶために作られた「収録音声」で練習した後、教材ではないニュースやスピーチ、トークなどの「生音声」ではどんなふうに出てくるか、比べて聞いてみます。この後に続くコーナーの学習に備えて、耳の準備をしましょう。




Picturing    レベル

内容を「映像化」して、文脈を理解する英語スケッチング

日本語で話を聞くときには、聞いた言葉を頭の中で無意識に「映像化」しています。英語でもそれが行えるよう、「英語スケッチング」メソッドで、効果的な情報整理の仕方をトレーニング。単語やフレーズだけでなく、文脈まで捉えるためのコツをつかみます。ドラマ仕立ての素材で楽しく学習を進めていきましょう。

松岡 昇(獨協大学 講師)
COACH
松岡 昇(獨協大学 講師)
MESSAGE
「木を見て森を見ず。」(You can't see the wood for the trees.)英語の聞き取りでもよく起きる現象です。聞こえた音で「スケッチ」をしながら、頭の中に「木も森も見える」バランスのいい聞き取り練習をしましょう。

Spirited Speaking    レベル★★

豊富なアウトプット練習で、話せる脳力UP!スピーキング魂

リアルなビジネス会話を題材に、スピーキング力を磨きます。豊富なアウトプット練習に正しい順番で取り組み、会話に出てきた表現を瞬時に使えるよう、頭を「英語スピーキング脳」に切り替えましょう。「言える音」が増えると、聞き取れる音も増えることを実感できます。

冨田 三穂(神田外語大学講師)
COACH
冨田 三穂(神田外語大学講師)
MESSAGE
「聞いて話す」「話して聞く」 これがコミュニケーションの中心です。英語を学ぶのであれば、「話す」と「聞く」を同時に磨いてみませんか。これからの1年は、皆さんにとってスピーキング元年。一緒に頑張りましょう。

Talk Today    レベル★★

3人のおしゃべりを、聞いて、理解し、発話する気になる話題でトーク!

台本なしの生の会話に耳を傾け、聞き取る力を身につけます。トークのテーマは最近の社会問題や流行など、さまざま。生の会話は口ごもったり言い直したりの連続。自分がトークに加わった際に意見を言えるよう、話す力も身に付けましょう。




News Views    レベル★★

英語のニュースを構造的に攻略するニュースの斬り方

実際に海外のメディアで報道された英語のニュースの聞き取りに挑戦します。ニュースの構造を意識しながら概要から詳細へと段階的に聞き取っていき、最終的には内容を伝えられるようになることを目指します。時事英語に苦手意識を持っている方も、このコーナーで得意分野にしていきましょう。

霜村 和久(文京学院大学 講師)
COACH
霜村 和久(横浜国立大学非常勤講師)
MESSAGE
時事英語といっても、決して難しいものではありません。ニュースを素材に、日常会話やビジネスの場面でさまざまな話題を提供する力を付け、あなたの英語に磨きをかけましょう。



Cultural Discovery    レベル★★★

文化を通して知る、英語の世界カルチャー再発見

さまざまな文化や世界観が味わえる物語の数々。読み応えのある英文を素材に、内容をつかみ、奥行きまで立体的に見るスキルを身に付けます。作品の背後にある文化や社会に注目し、英語の世界をより深く理解しましょう。多文化に精通したコーチが選ぶ珠玉の一作をお楽しみください。

三吉美加(東京大学大学院総合文化研究科研究員)
COACH
三吉 美加(東京大学大学院総合文化研究科研究員)
MESSAGE
音声を聞いて、頭の中にできるだけ具体的な映像を立ち上げてください。そして、その映像の中で言葉とニュアンスを十分に味わってください。登場人物になりきるのもおススメです。★三吉先生のインタビューはこちら

Screening Room    レベル★★★

映画を楽しみながら、生英語対応の耳をつくるシネマ試写室

映画は、耳だけで理解するにはかなり高度な素材ですが、ストーリーの助けを借りて、飽きずに楽しく学べるという大きな利点があります。繰り返し聞き、生英語のスピードやリズムについていける耳をつくりましょう。本編の後のScreening Room Loungeでは、ネイティブスピーカーの話を聞いて、映画について語る表現を学びます。

柏木 しょうこ(映像翻訳家、翻訳学校 講師)
解説者
柏木 しょうこ(映像翻訳家)
MESSAGE
セリフのニュアンスを感じ取るには、まずよく聞くこと。会話に込められた感情を聞き取ることで、映画の魅力がさらに広がります。このコーナーで、映画の「心」に一歩ずつ近づきましょう。

Dictation Contest

書き取りを通して、英語の全スキルを底上げ賞品付き ディクテーション・コンテスト

1分間程度の音声を聞いて書き取り、書き取った英文を応募する、受講生参加型コーナーです。2カ月後の誌面で、多くの受講生がつまずいたポイントを確認し、発音、文法、語彙、文脈の総合的な観点から、正確に聞き取る力を鍛えます。

松岡 昇(獨協大学 講師)
COACH
松岡 昇(獨協大学 講師)
MESSAGE
自然なスピードで話される英語を書き取る練習は、耳だけでなく、文法力や「文脈力」も鍛えます。コンテストに応募して、一緒にこのコーナーを作りましょう。

HEMHET(Hearing Marathon Hearing Test)

リスニング力の伸びを定期的に測るマンスリーテスト HEMHET

聞き取りの力を客観的に評価するためのテストで、TOEIC(R)テスト対策にも有効な内容です。毎月提出することで学習のペースメーカーにもなるこのテストで、リスニング力の伸びを定期的に確認してください。

Words & Phrases

今月号の重要語句を厳選。語彙力に磨きをかける今月のワード&フレーズ

その月の『マンスリーテキスト』に登場した語句の中から、特に覚えておきたいものをピックアップ。テキストの復習をしながら、さまざまな英語に登場する表現が身につきます。

Runners' Forum

受講生のお便りの紹介と英語学習Q&Aランナーズ交差点

受講生(ランナー)の皆さんから寄せられた『マンスリーテキスト』に対するご意見、ご感想を紹介します。Q&Aコーナーでは皆さんの学習上の悩みに松岡主任コーチがずばりお答えします。

「1000時間ヒアリングマラソン」は毎月教材をお届けします。

学習の進め方

1カ月の学習サイクル

STEP1 教材到着 (毎月9日まで)
マンスリーテキスト イメージ画像 『マンスリーテキスト』が届きます。学習アプリ「ALCO」から音声付きの電子書籍を利用することもできます。
(音声と電子書籍のダウンロードは毎月10日からご利用いただけます)
また、オンライン英会話につきましては、受講案内のメールをお送りします。
STEP2 学習開始 (10日~)
教材が届いたら、「コースガイド」や『マンスリーテキスト』を参考にしながら1カ月のスケジュールを立ててみましょう。ジャンルや難易度を参考に、好きなコーナーから始めてもOKです。
STEP3 課題の応募(毎月25日締切)(任意)

課題文を聞いて、書き取りの力を試す「賞品付き ディクテーション・コンテスト」にチャレンジしましょう。一字一句の聞き取りまで何度も繰り返して聞くことで自分の弱点がわかり、より正確に聞き取る力をつけることができます。
STEP4 オンライン英会話受講(受講タイミングは自由)
『マンスリーテキスト』のレッスン対象のコーナーから1つ選び、オンライン英会話で受講しましょう。レッスンでは、コーナーの「要約」と「自分の意見」を伝えることで、使える英語をモノにしていきます。事前にメモを用意しておくと、レッスンの効果も高まります。
STEP5 テストの提出(翌月9日締切)

「マンスリーテストHEMHET」を提出。TOEICのリスニングセクションを取り入れたテストで毎月、力の伸びを確認するために、必ず受験しましょう。受講生専用サイト「テストコ」から簡単に提出できます。

アルク受講生専用サイト テストコとは

こんな時間も「1000時間」にカウントしましょう!

当講座は1年に1000時間、つまり1日に約3時間、英語の音声を中心にした学習をすることで、英語を英語のまま理解できる感覚を身につけます。「1000時間ヒアリングマラソン」の音声以外にも、生活の中で英語を聞いたり理解したりする時間は、「1000時間」にカウントされます。


例えば......

  1. 映画やドラマを英語で視聴する。
  2. iPhoneでSiriの設定を英語にする。
  3. ウェブサイトで英語のニュースやYouTube動画を視聴する。
  4. 海外メディアニュースなどを英語で見る。
  5. Facebook やe-mailを英語で書いて、アップする前に音読してみる。
  6. 英語の歌を歌う、外国人アーティストのコンサートに行く。
  7. 英会話スクールやオンラインでの英会話レッスンを受ける。
  8. 英語のセミナーやイベントで、通訳機を使わずに、英語で聞き取る。
  9. 友人、知人、会社の同僚、取引先などと英語で話す(ノンネイティブスピーカーでもOK)。
  10. NHKの英語講座やTEDを聴取する。
  11. 洋楽を扱い、DJも英語を多用するラジオ番組を視聴する。
  12. 英語の本を、発音に気をつけながら音読する。
  13. 英語のPodcast(CNN Student News、BBC 6 Minute English、NHK World Radio Japanなど)を利用する。
  14. 視界に入るものを何でも、英語で置き換えて、声に出してつぶやく。

毎日、さまざまな形で英語を「聞いて理解」することが、あなたの英語力を飛躍的にアップさせるのです。

アルクオンライン英会話

オンライン英会話は、アルクオンライン英会話を使って受講します。ネイティブ講師だけでなく、日本人講師も在籍しているので、日本人講師に不明点を日本語で質問しながら受講していただくことも可能です。

アルクオンライン英会話とは

「1000時間ヒアリングマラソン」は毎月教材をお届けします。

受講体験談(0) ※学習効果には個人差があります。

coming soon...

Q&A

Q

1000時間のヒアリング時間を達成するための「時間作り」のコツはありますか?

A

1年間で1000時間、というと1日平均3時間。これだけのヒアリングをするために、通勤・通学の途中、家事の合間、就寝前の一時などの「細切れの時間」を活用してみてください。また、教材の利用のほか、洋画の鑑賞、ラジオやテレビの英語講座・英語ニュースの視聴など、身の回りで調達できるメディアを通して生の英語に積極的に触れ、その合算が「1年間で1000時間」になることを目指そう、というのが本講座の考え方です。

また、ヒアリング学習においては、聞く時間数もさることながら、「聞き方」も大変重要です。短い時間でも集中して、密度の濃い学習を心掛ければ、十分に効果を上げることができます。

Q

英語レベルが高そうで、ついていけるか心配です。

A

本講座では、「生の英語」を聞き取るコーナーが多いため、英語のスピードが早かったり、使われている語彙が難しかったり、話し手の発音にクセがあったりする場合もあります。

コーナーごとに難易度を★印1つから3つで示していますので、それらを目安に、ご自分のレベルに合ったコーナーを優先して学習プランを立てることが可能です。難易度の高いコーナーは、テキストに記された聞き取りのポイントに気を付けて大意を理解し、難易度の低いコーナーで、細部まで聞き取る練習をするなど工夫して学習することで、着実に聞き取りの力をつけていくことができます。

Q

映画の英語は全く理解できませんが、「1000時間ヒアリングマラソン」を受講しても大丈夫でしょうか。

A

映画は、スラングが使われていたり、役者の話し方に特徴があったりすることもあるので、上級者でも正確に聞き取るのが困難なことがあります。本講座では、新作や話題の映画を毎月1本取り上げ、書き取り練習も取り入れて、聞き取る力を養っていきます。現在、映画の英語が聞き取れなくても安心してご受講ください。

Q

1年間も飽きずに受講を続けられるか不安です。

A

本講座は、通信講座にしては画期的なことに、教材を毎月制作しています。新作の映画や時事ニュースなど、興味深い最新の話題が盛り込まれていますので、毎回新鮮さを感じていただけます。また、学習を続けるうえで悩みや疑問が出てきたときには、学習コーチが質問にお答えしますので、安心して楽しく受講を続けられます。

Q

TOEIC(R)テストの対策にも役立ちますか?

A

本講座のHEMHET(マークシート方式のマンスリーテスト)は、写真描写問題や応答問題、長文聴解問題などがあり、TOEIC(R)テストのリスニング・セクションと形式が似ています。受講生専用サイト「テストコ」から提出された解答は、採点され、提出締切日後に画面上で結果を見ることができます。全文スクリプトや訳、解説のPDFをダウンロードできます。 きちんと復習すれば、TOEIC(R)テスト対策もばっちりできます。

Q

語彙力はつきますか。

A

本講座では、多くの単語との出合いを重ねていくことが可能です。繰り返し聞き、その過程で単語を覚えていくようにしましょう。また、本講座では語彙をヒアリングに生かすために、「音」とともに覚えていくことをおすすめしています。特に、定着率の高い「口に出す」学習、シャドーイングやリピーティングがおすすめです。これによって、単語を「聞いて分かる」だけでなく、「自分で組み立てて使える英語」として定着させていくことができます。

Q

受講する際、どれくらいのTOEICのスコア、または英検の級を目安にすればよいですか。

A

英検2級、TOEIC 550点以上が英語レベルの目安ですが、コーナーごとに難易度に幅を持たせているので、初級から上級レベルの方まで幅広く受講できます。

Q

マンスリーテスト(HEMHET)はどのような形式で行われるのですか。

A

全26 問からなるマークシート形式の選択式のテストです。受講生専用サイト「テストコ」から簡単にご提出いただけます。既習のテキストの英文をベースに問題を作成する形式のテストではないので、ヒアリング力の伸びを客観的に判断することできます。なお、提出締切日後に採点結果が表示され、「解答・解説」のPDFがダウンロードできるので、忘れないうちに復習できます。

Q

今はネイティブの英語をほとんど聞き取れないのですが、毎日3時間、聞き続けるとすると、どのくらいで効果が出始めますか?

A

真剣に教材に取り組んでいれば、3カ月目くらいで変化を実感できると思います。

受講開始時のレベルや勉強の仕方で個人差はありますが、たとえば、それまで意味のわからない音の洪水だったものが、ある程度、意味のある言葉のまとまりとしてつかめるようになります。また、「生の英語」に対する抵抗がなくなり、あらかじめ録音されていた英語(例えば駅のアナウンスなど)は、以前に比べて格段に易しく感じるようになっているでしょう。

Q

「生の英語」なら、テレビでニュースを見たり、市販の書籍を購入すればいい気もするのですが・・・。

A

確かに、今は、衛星放送やケーブルテレビなどで、海外のニュース番組を簡単に見ることができますが、聞き流すだけの学習になってしまい、たとえば、聞き取れなかった箇所をスクリプトで確認したりという掘り下げた学習はできません。

また、市販の書籍では、少し前のニュースを扱った教材がほとんどですが、この講座では、毎月、話題になったニュースが届けられます。昔の話題を扱ったものと、旬の話題を扱ったものとでは、興味のわき方がかなり違うはずです。

この講座では、ニュース以外にも、いろいろな分野で活躍する有名人のインタビューや、映画、会話など幅広いジャンルの英語を聞くことができます。これだけ多様な「生の英語」教材を、スクリプト付きで毎月入手できるのは、「1000時間ヒアリングマラソン」ならではです。

Q

オンライン英会話は、いつまでに予約すれば良いですか?

A

レッスンは24時間受講可能です。空いている講師がいれば、レッスン開始60分前までご予約いただけます。レッスン開始時間の12時間前まであれば、キャンセルも可能です。

Q

オンライン英会話の1回のレッスン時間はどのくらいですか?

A

1回25分のレッスンです。

Q

オンライン英会話にはどのような講師がいますか?

A

ネイティブ講師と日本人講師が在籍しています。『1000時間ヒアリングマラソン英会話』担当の講師がいますので、安心して受講いただけます。

Q

オンライン英会話のレッスン回数を追加購入することはできますか?

A

『1000時間ヒアリングマラソン英会話』のオンライン英会話では、月に1回以上レッスンを受けることもできます。もし、受講中であれば、アルクオンライン英会話マイページより「ヒアリングマラソン英会話」をご購入ください。

商品情報
価格(税込)
54,780

商品分類

学習分野

レベル

学習時間

標準学習期間

通信講座

リスニング
スピーキング

英語中級~

-

12カ月

Web限定申込ご利用可能なお支払い方法
・クレジットカード(一括・分割払い)
・コンビニ後払い(@払い)

  • ※4,400円(税込)以上お買い上げで国内送料無料

ALCO 無料アプリ 音声DL&再生がスマホでできる!

商品カテゴリ別検索

通信講座一覧

通信講座人気ランキング

  1. 1000時間ヒアリングマラソン 【音声DL・電子書籍付き】

    「My Style」で英語の耳を鍛える!アルク人気No.1の通信講座

    54,780円(税込)

  2. ヒアリングマラソン6カ月コース 【音声DL・電子書籍付き】

    特別コース

    30,800円(税込)

  3. NAFL日本語教師養成プログラム

    抜群の検定試験合格率! 日本語教師を育てる実績のプログラム

    103,400円(税込)

  4. ヒアリングマラソン中級コース

    実生活での「ネイティブの会話」と「ニュース英語」が聞き取れるようになる!

    39,600円(税込)

  5. 日本語教育能力検定試験 合格パック 2020

    期間限定受付:2020年4月30日まで

    142,500円(税込)

集計期間:2019/10/1~10/31

2019年上半期人気教材ランキングはこちら

書籍ランキング

  1. 英語日記ドリル〔Plus〕

    今日から始めよう! 一日一行の「自分みがき」

    1,650円(税込)

  2. ヒアリングマラソン体験キット

    聞ける・話せる・読める・書ける を体験できる!

    550円(税込)

  3. GTEC(R)総合対策ガイドブック

    [GTEC(R)公式問題使用] 4技能を伸ばす勉強法が身につく!

    2,310円(税込)

  4. 合格できる日本語能力試験N4・N5

    新日本語能力試験対応 N4・N5対策ならこの1冊

    2,420円(税込)

  5. 日本語能力試験スーパー模試N1

    本試験と同じ形式・問題数の完全模擬テスト3回分収録

    2,640円(税込)

集計期間:2019/10/1~10/31

2019年上半期人気教材ランキングはこちら