書く英語

[目次]

● はじめに
● 読者の皆さんへ
● この本の使い方
● おわりに

【C h a p t e r 01 基礎技術編】
英語の背骨? 「西洋的世界観」
 「主語」が文を支配する
 プラス要素を前面に
 "Why"を明示する
◎Unit 01 「書き手責任」を意識する
 「真意が伝わらない」のは、書き手の責任と心得る
◎Unit 02 パラグラフ・ライティングを導入する
 トピックごとにまとめたパラグラフを組み合わせる技法に慣れる
◎Unit 03 英文のスタイルを踏襲する
 相手のスタイルに合わせることで、意思疎通のコストを軽減する
◎Unit 04 ミッションを明確にする
 「意図した通りに読み手を動かす」というゴールに向かって書く
◎Unit 05 立場・心理的距離・事の重大さを考える
 Status・Distance・Consequence で、丁寧さの度合いを決める

【C h a p t e r 02 基礎トレーニング編】
◎Unit 06 問い合わせに回答する
 できることを明確にし、取引先としての信頼を得る
◎Unit 07 情報を訂正する
 状況を正確に把握し、ポジティブかつ迅速に対応する
◎Unit 08 依頼をする
 まず打診をし、先方の興味の度合いを推し量る
◎Unit 09 交渉を始める
 Why を理解してもらい、共感を得る
◎Unit 10 情報を共有する
 相手にとってのメリットや情報の価値を明示する
◎Unit 11 交渉相手を変える
 新しい交渉先を警戒させずに、話をまとめる

【C h a p t e r 03 実践演習編】
◎Unit 12 回答を保留する
 良好な関係を維持しつつ、長期戦に持ち込む
◎Unit 13 欲しい回答を引き出す
 最善のシナリオを描き、そのゴールに向かって誘導する
◎Unit 14 交渉をリードする
 打ちやすいボールを返しながら、有利な条件を揃える

【C h a p t e r 04 実務想定編】
◎Unit 15 テキストチャットに参加する
 チャットの流れに沿った、省エネな発信術を身に付ける
◎Unit 16 議事録を手早く作成する
 事前準備・フォーマット・箇条書きで議事録作成を時短
◎Unit 17 明快な企画書を書く
 企画の売りが伝わる、シンプルな構成を心掛ける
◎Unit 18 プレゼン用スライドを準備する
 スライドの情報は、聴衆が消化できる量に絞り込む

●機能別「書く」ための表現集
目次
1. 冒頭のあいさつ
2. 末尾のあいさつ
3. 問い合わせる
4. 要望に応える
5. 要望を拒否する
6. トラブルを指摘する
7. トラブルに対応する
8. 交渉を持ち掛ける
9. 交渉に応じる
10. 打開策を模索する
11. 打開策に応える
12. アピールする
13. 相手の気持ちに寄り添う
14. 今後につなぐ





閉じる


© ALC PRESS INC.