えいごアタマをつくる 英会話5つの法則

[目次]

法則1 「主語+動詞」を省かない
case1: I amにならない「私は」もある
case2: ぱっと見で主語がわからないときは
case3: 定番パターンを使うと言い回しがラク
case4: 日本語では「は」も「が」もないけれど
case5: 主語は人とは限らない
復習

法則2  受け身を減らす
case1: 「(相手に)してもらった」は相手の行為を主にして表す
case2: 「言われた」も受け身にしない
case3: さらに受け身を減らすひと工夫
case4: 名前も知らない人も主語になる
復習

法則3 名詞をうまく使いこなす
case1: 人を示す名詞が使えると楽になる!
case2: 名詞を使ってネイティブらしく表現する
case3: 否定の文章を単純にする名詞
復習

法則4 言いたいことは小出しにする
case1: 1文ですべて伝えきらない
case2: 文は易しく、会話は詳しく
復習

法則5 とにかく易しい英語に転換する
case1: 逆の発想で簡単な表現になる
case2: 英語にしやすい日本語に言い換える
case3: できるだけ易しくシンプルに
復習

エイゴがもっと楽しくなる、元気いっぱいコラム!
①Paper or Plastic?知ってる単語に意外なイミが...
②Mayumiのお気に入り!ネイティブが使ってるこんなフレーズ
③英会話では完ぺき主義よりメッセージが大切





閉じる


© ALC PRESS INC.