日本語教育 よくわかる教授法

[目次]

第1章 コース・デザインを理解する
1 コース・デザインとは何か
2 ニーズ分析
3 目標言語調査
4 言語資料分析
5 シラバス・デザイン
6 カリキュラム・デザイン

第2章 教室活動
7 教室活動とは
8 言語技能と教室活動
9 「話す」ための教室活動
10 「書く」ための教室活動
11 「聞く」ための教室活動
12 「読む」ための教室活動
13 統合的な教室活動

第3章 教材・教具
14  「教材」と「教具」
15 「教材・教具」を選ぶ
16 「教科書」について理解する
17  いろいろな教具について知る
18 教具を知って使いこなす
19 「教材・教具」を作る

第4章 評価する
20 日本語教育と評価
21 教師が評価する
22 学習者が評価する
23 教育機関が評価する
24 評価の目的
25 日本語教育とテスト
26 主観テストと客観テスト
27 テスト結果の処理
28 テストの評価

第5章 外国語教授法の歴史を知る
29 外国語教授法の三つの側面
30 外国語教授法の流れ
31 人々の往来とコミュニケーションの変化
32 関連領域と外国語教授法
33 コミュニカティブ・アプローチの出現
34 「言語」と「内容」を切り離さない
35 外国語教授法の変遷から何を学ぶか

読書案内
索引





閉じる


© ALC PRESS INC.