[新装版]文法・構文・構造別 リスニング完全トレーニング

[目次]

はじめに
CD-ROMの使い方


Introduction
本書の方針と練習方法

聞いたつもりが、理解できていない」のはなぜ?
●原因1「つまみ聞き」
●原因2 発音されない情報の取りこぼし
正しく理解するために
●意識的から無意識的な処理へ

各章の構成と3段階トレーニングについて
ドリルの構成と練習法
確認テストの構成
ドリルと確認テストの取り組み方

Chapter 1
動詞を正しく処理する [時制・態・否定]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 動詞本体のみに集中しない
2. 語順の違いに慣れる
3. 働きを表す部分だけでも、きちんと聞き取る
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 2
助動詞を正しく処理する [助動詞]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 助動詞の意味をすぐに引き出せるようにしておく
2. 文脈から適切な意味を引き出す
3. 語順と時制・態に気を付ける
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 3
動詞と動詞の組み合わせ [不定詞・分詞・動名詞]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 準動詞の主語・時制・態・否定に注意
2. 語順に慣れる
3. 長い構文に慣れる
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 4
疑問詞を使った疑問文 [疑問詞]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 疑問詞の発音に要注意
2. 最初の3つのパーツを聞き取る
3. 間接疑問文のみに集中しない
4. 疑問詞と戻り位置をリンクさせながら聞く
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳


Chapter 5
聞き逃してはいけない前置詞 [前置詞]

聞き取りのポイント
1. 前置詞に意識を向ける
2. 文中における発音に慣れる
3. 聞きながらリンクさせる
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 6
名詞・代名詞と数 [名詞・代名詞・固有名詞]

聞き取りのポイント
1. 個数のイメージ化
2. 性別のイメージ化
3. 発音に注意
4. 難しい名前に振り回されない ―― 固有名詞
5. 最悪でもケタを間違えないように ―― 数字
6. 特殊な複数形に注意
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 7
長い形容詞のまとまりを処理する [形容詞句・節]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 名詞本体と形容詞句・節をリンクさせる
2. 名詞本体を忘れない
3. 主語になるときに要注意
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 8
文脈から推測する [ボキャブラリー]

聞き取りのポイント
1. 文脈を認識しながら聞く
2. 単語の働きに注意
3. 難しい単語が聞こえてきても構わない
4. 知っている意味だと決めつけない
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 9
文と文のつながり [接続詞]

聞き取りのポイント
1. 全体の構造を把握しリンクさせる
2. 前半の意味に基づいて後半を聞く
3. 接続詞的な働きをする語に注意
4. メインのS+Vを落とさない
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

Chapter 10
正確に比べよう [比較]

文法・構文の確認
聞き取りのポイント
1. 形に気を付ける
2. 比較対象を把握する
3. as~asは最初のas~で意味を取る
ドリルと確認テスト
聞き取りポイントのまとめ/ドリル1~4/確認テスト
ドリルの解答と日本語訳

おわりに ―― 今後の練習
●単語認識能力の向上
●文意を取る能力のさらなる向上
●そして長時間リスニングへ

Appendix 付録
Appendix 1
併用したいリスニング練習
ディクテーション/シャドウイング/
センテンスリピート/センテンストランスレーション

Appendix 2
TOEIC(R)テストのための練習ポイント







閉じる


© ALC PRESS INC.