日本語教師の7つ道具シリーズ2 漢字授業の作り方編

[目次]

I 漢字は難しい?―学習者の悩みを通して学ぶ漢字の基礎知識 ―
学習者のため息
1 数が多すぎます 8
2 形が複雑で、見分けられません 11
3 同じ漢字なのに読み方が複数あって混乱します 14
4 いろいろな書き方がありすぎます 17
5 1つの文字にたくさんの書き方がある?! 20
6 同じ漢字圏なのに...... 22
7 熟語はさらなる関門! 24

II 教えるのは難しい?― 教師の悩みを通して学ぶ授業の組み立て方―
教師のため息
1 何を教える? 28
2 何で教える? 28
3 いつ教える? 29
4 何文字教える? 29
5 どうやって教える? 30

III 教える前に
1 何を教える? ―学習者のニーズを知る― 32
2 何で教える? ―漢字のテキスト、漢字の選択― 36
3 いつ教える? ―カリキュラムを考える― 39
4 何文字教える? ―学習の目安 ― 41

IV 授業を組み立てよう
1 授業の流れ3ステップ 44
2 「わかる」「覚える」「使う」の時間配分 46

V 漢字授業あれこれ
1 「わかる」授業例 50
2 「覚える」授業例 72
3 「使う」授業例 89

VI こんなときどうする? Q&A
学習者からの質問 96
教師からの質問 99
漢字は楽しい! 103

巻末付録
選んで使える漢字リスト 106
音でつながる漢字の仲間 ―漢字を読み方で整理する― 108
部品でつながる漢字の仲間 ―漢字を意味で整理する― 110
部品の絵カード 116





閉じる


© ALC PRESS INC.