上級学習者のための日本語読解ワークブック



[目次]

 

はじめに
本書の特長
本書の使い方

 

日本語の世界
    1 ヤマトコトバ
    2 日本語の一(いち)人(にん)称(しょう)はなぜ多い
    3 方言の見(み)直(なお)し

 

日本の文化
    4 豊かな縄(じょう)文(もん)文(ぶん)化(か)
    5 日本の仕(し)切(きり) 
    6 羞(しゅう)恥(ち)心(しん)はどこへ消えた?
    7 形の美

 

日本人の行動様式
    8 赤(あか)信(しん)号(ごう)、みんなで渡れば怖くない
    9 「べた靴」現象とひきこもり
   10 逆立ち現象

 

言語とコミュニケーション
   11 社会と言語 
   12 「名づけ」という行動 
   13 言語の習(しゅう)得(とく) 

 

異文化理解
   14 異(い)文(ぶん)化(か)の狭(はざ)間(ま)で生きる
   15 迫(せま)られる意識改革
   16 日本人の行動パターン
   17 お箸(はし)の文化

 

環境と人間
   18 暮(く)らしの水
   19 破(は)局(きょく)が来る前に
   20 環(かん)境(きょう)問(もん)題(だい)の発(ほっ)端(たん)
   21 日本最後のトキ

 

ITと情報社会 
   22 情(じょう)報(ほう)社(しゃ)会(かい)に生きる
   23 コミュニケーション下(べ)手(た)の日本人
   24 「情(じょう)報(ほう)伝(でん)達(たつ)」という神(しん)話(わ)
   25 ○×式の弊(へい)害(がい)

 

生物と自然
   26 植物の生(い)き方(かた)
   27 海の森


心理と哲学
   28 固(こ)定(てい)観(かん)念(ねん)
   29 仮(か)面(めん)の役割
   30 自由であること
   31 歴史とは何か

 

教育と学び
   32 「個性」を煽(あお)られる子ども
   33 学(まな)びの主(しゅ)体(たい)性(せい)
   34 学ぶ喜び
   35 躾(しつけ)と感(かん)化(か)

 

報道とマスコミ 36 犯(はん)罪(ざい)報(ほう)道(どう)について
   37 報(ほう)道(どう)写真の真(しん)実(じつ)
   38 メディアの虚(きょ)実(じつ)

 

科学と技術
   39 科学への夢は語(かた)れるか
   40 科学の知
   41 研究者の戒(いまし)め

 

現代の社会 42 貧(ひん)困(こん)の定(てい)義(ぎ)
   43 高(こう)度(ど)成(せい)長(ちょう)がもたらしたもの
   44 高(こう)齢(れい)化(か)社(しゃ)会(かい)のもう一つの視(し)点(てん)
   45 社会学とは何か

 

余暇と娯楽
   46 女子マラソン
   47 メルヘンの知(ち)恵(え)
   48 一人旅の魅(み)力(りょく)


解答用原稿用紙(200字)
解答用原稿用紙(400字)





閉じる


© ALC PRESS INC.