改訂版 どんなときどう使う 日本語表現文型500(旧版・新版対応表)

本リストは「改訂版 どんなときどう使う 日本語表現文型500」の旧版となる『どんな時どう使う日本語表現文型500 中・上級』 との対応表です。

※注1)基本的には、課のタイトルや、見出し語が変わったり、削除・追加されたもののみを修正事項として入れています。
※注2)レベルが変わっただけのものは修正事項に加えていません。
※注3)課を超えて移動があったもの、同じ課の中でもI・IIを超えて移動があったものは修正事項として加えています。移動があり、かつ見出し語に修正があったものは、その旨を「備考」欄に記しました。(「見出し語を修正し、~」)
※注4)見出し語が変わるなどの改訂により、例文の追加や削除も行われていますが、この表の修正事項としては入れていません。

旧版 新版

文型番号

修正前 文型番号 修正後 備考

 

動作の対象

 

行為の対象 課のタイトル修正
~向けに・
~向けの・
~向けだ
~向け 見出し語を修正し、一つだったものを二つに
~向き
I・4 ~んがため(に)・
~んがための

 

 

削除
II・2 ~によって

 

 

削除
~ところ・
~ところだ
~ところ 見出し語の修正
~かける・
~かけの・
~かけだ
~かける 見出し語の修正
~うちに ~うちに
~ないうちに
見出し語の修正

 

 

I・2 ~とともに 追加

 

 

II・2 ~てからは 追加

 

 

I・3 ~ようとしている  追加
~をこめて

 

 

削除
~ことなく I・4

 

25課I・3 に移動
10 ~ながら・
~ながらに・
~ながらの

 

 

見出し語を「~ながら(に)・~ながらの」と修正し、23課II・5 に移動
11 ~なしに・
~ことなしに

 

 

25課I・7 に移動

 

 

I・1 ~だけでなく 追加
I・5 ~ただ~だけでなく・
ただ~のみならず・
ひとり~だけでなく・
ひとり~のみならず

 

 

このままの見出し語としては削除
I・1「~だけでなく」、I・5「~のみならず」の例文中で扱っている
10

 

/td>
比較・最上級・対比

 

比較・程度・対比 課のタイトル修正

 

I比較・最上級

 

I比較・程度 タイトル修正
I・1 ~に比べて

 

 

削除

 

 

I・1 ~ほど
~ほどの
~ほどだ
23課II・1 から移動

 

 

I・2 ~くらい
~くらいの
~くらいだ
23課II・2 から移動

 

 

I・5 ~くらいなら 追加

 

 

I・6 ~だけの 19課II・5「~だけに・~だけの」から独立させて移動

 

 

I・7 ~だけまし 追加

 

 

I・9 ~ないまでも 10課II・10 から移動
II・1 ~う(よう)か~まいか II・9 ~ようか~まいか 見出し語の修正
II・10 ~ないまでも

 

 

10課I・9 に移動
11 I・5 ~から見ると・
~から見れば・
~から見て

 

 

削除

 

 

I・7 ~にしたところで
~としたところで
追加
II・3 ~向きに・
~向きの・
~向きだ

 

 

1課「3~向け」「4~向き」に集約
II・6 ~たる

 

 

削除
II・7 ~まじき

 

 

削除

 

 

II・2 ~だけあって 19課II・6 から移動
12 ~を中心に(して)・
~を中心として・
~を中心にする・
~を中心とする・
~を中心にした・
~を中心とした

 

 

削除
10 ~ごとく・
~ごとき

 

 

削除

 

 

~を踏まえて
~を踏まえた
追加
14 ~にかかわらず・
~にかかわりなく
~にかかわりなく 旧版で一つだった見出し語を二つに
~にかかわらず
15 ~にしても~にしても・
~にしろ~にしろ・
~にせよ~にせよ
~にしても~にしても 旧版で一つだった見出し語を二つに
~にしろ~にしろ・
~にせよ~にせよ

 

 

~といった 追加

 

 

~というか~というか 追加
~であれ~であれ 10 ~であれ~であれ
~であろうと~であろうと
見出し語の修正
16

 

強調

 

程度の強調 課のタイトル修正
I・2 ~として

 

 

見出し語を「~として~ない」と修正し、16課II・3 に移動
I・3 ~たりとも

 

 

見出し語を「~たりとも~ない」に修正し、16課II・4 に移動
I・4 ~といえども

 

 

削除
I・6 ~だに

 

 

削除

 

 

I・1 ~こそ 16課II・3 から移動

 

 

I・3 ~まで 見出し語を修正し、16課II・4「~まで・~までして」 から移動

 

 

I・4 ~てこそ 追加

 

 

I・5 ~てまで
~てまでして
~してまで
見出し語を修正し、16課II・4 から移動

 

 

I・7 ~というもの(は) 見出し語を修正し、16課II・6「~というもの」 から移動

 

 

I・8 ~あっての 16課II・8 から移動

 

 

I・9 ~にして 16課II・7 から移動

 

 

I・10 ~極まる
~極まりない
16課II・9 から移動
II・3 ~こそ

 

 

16課I・1に移動
II・4 ~まで・
~までして

 

 

見出し語を「~てまで・~までして・~してまで」と修正し、16課I・5 に移動
II・5 ~からある・
~からの

 

 

削除
II・6 ~というもの

 

 

見出し語を「~というもの(は)」と修正し、16課I・7 に移動
II・7 ~にして

 

 

16課I・9 に移動
II・8 ~あっての

 

 

16課I・8 に移動
II・9 ~極まる・
~極まりない

 

 

16課I・10 に移動
II・10 ~の極み

 

 

削除
II・11 ~の至り

 

 

削除

 

 

II・3 ~として~ない 見出し語を修正し、16課I・2「~として」 から移動

 

 

II・4 ~たりとも~ない 見出し語を修正し、16課I・3「~たりとも」 から移動

 

 

II・5 ~までだ
~までのことだ
24課II・12から移動
17 ~とは・
~というのは
~というのは 一つだったものを二つに
~とは
~というと・
~はというと
~というと 一つだったものを二つに
~はというと

 

 

~のこととなると 追加
19

 

I原因・理由 その1

 

原因・理由I タイトル修正

 

I原因・理由 その2

 

原因・理由II タイトル修正

 

Ⅲ原因・理由 その3

 

 

削除(三つに分けてあった機能を二つに)
I・3 ~からこそ

 

 

19課II・2 に移動
I・5 ~こととて

 

 

削除
I・6 ~とあって

 

 

19課II・10 に移動
I・7 ~ゆえ(に)・
~ゆえの

 

 

削除

 

 

I・3 ~おかげで・
~おかげか・
~おかげだ
19課II・1 から移動

 

 

I・4 ~せいで・
~せいか・
~せいだ
19課II・2 から移動

 

 

I・5 ~ものだから・
~もので・
~もの
19課II・3 から移動

 

 

I・6 ~ばかりに 19課II・4 から移動
II・1 ~おかげで・
~おかげか・
~おかげだ

 

 

19課I・3 に移動
II・2 ~せいで・
~せいか・
~せいだ

 

 

19課I・4 に移動
II・3 ~ものだから・
~もので・
~もの

 

 

19課I・5 に移動
II・4 ~ばかりに

 

 

19課I・6 に移動
II・5 ~だけに・
~だけの
II・8 ~だけに 見出し語の修正
II・6 ~だけあって

 

 

11課II・2 に移動
II・7 ~あまり・
~のあまり・
あまりの~に
II・9 ~あまり(に)・
あまりの~に
見出し語の修正

 

 

II・1 ~からには・
~からは
19課Ⅲ・3 から移動

 

 

II・2 ~からこそ 19課I・3 から移動

 

 

II・3 ~ことだし 追加

 

 

II・4 ~以上(は) 19課Ⅲ・1 から移動

 

 

II・5 ~上は 19課Ⅲ・2 から移動

 

 

II・6 ~のことだから・
~のことだ
19課Ⅲ・4 から移動

 

 

II・7 ~ところをみると 19課Ⅲ・5 から移動

 

 

II・10 ~とあって 19課I・6 から移動

 

 

II・11 ~ではあるまいし 19課Ⅲ・6 から移動

 

 

II・13 ~手前 追加
Ⅲ・1 ~以上(は)

 

 

19課II・4 に移動
Ⅲ・2 ~上は

 

 

19課II・5 に移動
Ⅲ・3 ~からは・
~からには

 

 

見出し語を「~からには・~からは」と修正し、19課II・1 に移動
Ⅲ・4 ~ことだから・
~ことだ

 

 

見出し語を「~のことだから・~のことだ」と修正し、19課II・6 に移動
Ⅲ・5 ~ところをみると

 

 

19課II・7 に移動
Ⅲ・6 ~ではあるまいし

 

 

19課II・11 に移動
20 ~う(よう)ものなら ~ようものなら 見出し語の修正
~が最後・
~たら最後
10 ~たら最後・
~が最後
見出し語の修正

 

 

~ば~(のに) 追加

 

 

~となると 追加
21 ~としても・
~にしても
~としても 見出し語の修正
(「~としても」を一つの見出し語として立て、あとの三つをまとめた形)
~にしろ・
~にせよ
~にしても・
~にしろ・
~にせよ
~といえども

 

 

削除
~であれ ~であれ・
~であろうと
見出し語の修正
~う(よう)が・
~う(よう)と(も)
~ようが・
~ようと(も)
見出し語の修正
~う(よう)が~まいが・
~う(よう)と~まいと
~ようが~まいが・
~ようと~まいと
見出し語の修正
22 ~う(よう)にも~ない ~ようにも~ない 見出し語の修正
~にかたくない

 

 

削除
23 I・1 ~がちの・
~がちだ
I・1 ~がち 見出し語の修正
I・8 ~めく・
~めいた

 

 

削除
II・1 ~ほど・
~ほどの・
~ほどだ

 

 

10課I・1 に移動
II・2 ~くらい・
~くらいの・
~くらいだ

 

 

10課I・2 に移動
II・3 ~かのように・
~かのようだ・
II・1 ~かのように・
~かのような・
~かのようだ
見出し語の修正
II・5 ~ごとく・
~ごとき

 

 

削除
II・7 ~つ~つ

 

 

削除
II・9 ~とばかりに

 

 

削除

 

 

II・2 ~ようにして 追加

 

 

II・5 ~ながら(に)・
~ながらの
7課10 から移動
24 I・5 ~っぱなし

 

 

24課II・8 に移動
II・1 ~きる・
~きれる・
~きれない
II・2 ~きる・
~きれる
見出し語の修正
II・9 ~っけ

 

 

削除
II・12 ~までだ・
~までのことだ

 

 

16課II・5 に移動

 

 

II・8 ~っぱなし 24課I・5 から移動

 

 

II・9 ~ずじまい 追加
25 I・1 ~わけがない・
~わけはない
I・2 ~わけがない 見出し語の修正
I・3 ~っこない

 

 

削除

 

 

I・3 ことなく 旧版7課4 も集約 

 

 

I・4 ~もしない 追加

 

 

I・7 ~なしに・
~ことなしに
7課11 より移動
II・1 ~というものではない・
~というものでもない
II・5 ~というものではない 見出し語の修正
II・5 ~ないものでもない・
~ないでもない
II・6 ~ないものでもない・
~ないでもない・
~なくもない
見出し語の修正

 

 

II・2 ~とは限らない 追加
26 I・3 ~由

 

 

削除
II・2 ~まいか II・5 ~ではあるまいか 見出し語の修正
27

 

心情の強調・強制

 

心情の強調・避けられない心情や行動 課のタイトル修正
I 心情の強調

 

 

I・IIの区分けを失くした
II 強制
II・6 ~を禁じえない

 

 

削除
II・7 ~を余儀なくされる 12 ~を余儀なくされる・
~を余儀なくさせる
見出し語の修正
28 ~う(よう)ではないか ~ようではないか 見出し語の修正

 

 

~てもさしつかえない 追加
29 ~までだ・
~までのことだ・
~ばそれまでだ
~までだ・
~までのことだ
一つだったものを二つに
~ばそれまでだ
~でなくてなんだろう

 

 

削除

 

 

~にこしたことはない 追加
30 ~ことか・
~だろう・
~ことだろう
~だろう 一つだったものを二つに
~ことだろう・
~ことか
~たいものだ 10 ~たいものだ・
~てほしいものだ
見出し語の修正

 

 

~てほしい 追加

 

 

~なんて 追加




閉じる


© ALC PRESS INC.