改訂版 どんなときどう使う 日本語表現文型500



[目次]

はじめに ......3
本書の目的 ......8
本書をお使いになる方々へ ......8
 1 本書の特色と方針
 2 各課の構成
記号について ......11
本書を使って学習する方々へ ......11
接続の形について ......12

 

1 行為の対象 ~について/~に対して ......13
2 目的・手段・媒介 ~ように/~によって ......18
   I 目的  II 手段・媒介 
3 起点・終点・限界・範囲 ~をはじめ/~にわたって ......24
4 時点・場面 ~に際して/~において ......
5 時間的同時性・時間的前後関係 ~たとたん/~うちに ......38
   I 時間的同時性  II 時間的前後関係
6 進行・相関関係 ~一方だ/~につれて ......49
   I 進行  II 相関関係
7 付帯・非付帯 ~ついでに/~ぬきで ......56
8 限定 ~に限り ......61
9 非限定・付加 ~ばかりでなく/~上に ......66
   I 非限定  II 付加
10 比較・程度・対比 ~くらいなら/~どころか ......75
   I 程度・比較  II 対比
11 判断の立場・評価の視点 ~にとって/~にしては ......87
   I 判断の立場  II 評価の視点
12 基準 ~に基づいて ......96
13 関連・対応 ~に応じて/~をきっかけに ......102
14 無関係・無視・例外 ~を問わず/~はともかく ......109
15 例示 ~とか~とか ......116
16 程度の強調 ~さえ/~こそ ......123
   強調 I  強調 II
17 話題 ~というのは ......132
18 逆接・譲歩 ~ものの/~とはいうものの ......139
19 原因・理由 ~ばかりに/~からには ......149
   原因・理由 I  原因・理由 II
20 仮定条件・確定条件 ~としたら/~となると ......163
21 逆接仮定条件 ~たところで ......172
22 不可能・可能・困難・容易 ~ようがない/~得る ......178
23 傾向・状態・様子 ~がち/~だらけ/~げ ......184
   I 傾向・状態  II 様子
24 経過・結末 ~あげく/~次第だ ......192
   I 経過  II 結末
25 否定・部分否定 ~はずがない/~わけではない ......203
   I 否定  II 部分否定
26 伝聞・推量 ~ということだ/~かねない ......212
   I 伝聞  II 推量
27 心情の強調・避けられない心情や行動 ~てたまらない/~ざるをえない ......219
28 誘い・勧め・注意・禁止 ~こと/~ものだ/~べきではない ......228
29 主張・断定的評価 ~にほかならない/~にきまっている ......234
30 感嘆・願望 ~ことに/~たいものだ ......240

 

索引(50音順) ......248
練習問題の解答 ......256
参考文献 ......259




閉じる


© ALC PRESS INC.