採用企業3800社、のべ受講者数250万人以上のアルク英語教材

3,240円(税込)以上は国内送料無料

よく検索されるワード
キクタン
TOEIC
ヒアリングマラソン

ヒロ前田インタビュー (1)

プロフィール:
TOEIC研修トレーナー。全国の企業や大学・大学生協でスコアアップ指導を行う。自身は990点(満点)を取得。最近ではTOEIC指導者養成セミナーをプロデュースするほか、メールマガジンやブログを通じて積極的に情報発信も行っている。通信講座『奪取730点 TOEIC(R)テスト攻略プログラム』監修。

TOEIC600点は、文法やリスニング、リーディングの基本がきっちりマスターされていれば到達できるレベル。ただ、満点である990点から逆算すると400点近く落としている段階です。


ここから730点まで伸ばそうと思うなら、普通より速く読むとか、細かいレベルまでさっと聞き取れるとか、そういうふうになる必要があります。例えば、穴埋め問題を1題1分でやっていたとしたら、1題30秒でできるようにならないといけない。それに必要なのは、情報に出合ったときに瞬時に判断する力、つまり「判断力」なんです。英語力とはまた別の力が必要になるわけですね。


でも、判断力をつける練習をきっちりやりさえすれば、600点レベルの人が730点までスコアを上げるのは十分可能なんです。4?5カ月、または半年くらいあれば大丈夫でしょう。今までにそういう人をたくさん見てきています。