現在、臨床研修医として総合病院に勤務しています。臨床の現場に立ち、疾患に対する統計検索や治療選択を行う際には、基本的にUp To Date(注1)や論文で調査をしてから行うため、すべて英語が必要となっています。また最近地方においても外国人労働者が増加し、コミュニケーションのツールとしての英語も必須になってきています。
 
  しかし学生時代、英語に関しては一般的英会話やTOEIC、IELTSなどの英語は学習しても、実は医学英語として文章を読んだり論文の読み方・書き方を学ぶことはなかったです。今回、この教材をモニター学習してみたところ、段階に合わせて基礎医学から学会発表、論文まで、様々な分野の英語を学ぶことができるのは、今までになかった教材だと感じました。また英語教材であるにも関わらず、医学的な解説が載っている点はすばらしい! 医学の復習にも役立ちます。更にコラムで医学の話をもう少し深く、そして気分転換を含めながら読めるので、単に英文のみの教材よりモチベーションが保てます。
  
 実際の医師になった今でも、本教材は単語レベルの勉強や一般的読み物として読みやすく理解しやすい教材となっていますが、むしろ医学の専門講義を受ける前の学生に読んで聞いて欲しいですね。現場では日本語と英語がごちゃまぜになって飛んできます。最近の大学講義は英単語がわからなくても日本語での勉強で進級・卒業までできてしまうため、現場の現実とのギャップがありすぎ、戸惑うこともしばしばです。ぜひ医療系の言葉は英語で覚えてしまいましょう。医学英語を始めることに早すぎるということはないと思います!

 今回のモニター体験を通して、私自身も、もっと沢山の論文を読んだり、上級医などとの会話の中でテクニカルタームを使って話してみようと思うきっかけにもなりました。将来的には、医学英語を磨いて国際学会でプレゼンテーションしたり、論文を発表したいと思っています。

注1:Up To Date http://www.uptodate.com/ アメリカの医療サイト

閉じる