竹蓋Vメソッドとは?

「竹蓋Vメソッド」の理論とは?

語彙学習の問題点と「竹蓋Vメソッド」の骨子

英単語はなかなか覚えられないし、すぐ忘れてしまう、と感じている方も多いはず。その原因には、以下の4つが考えられます。

問題点1 覚えること自体が極めて困難
問題点2 覚えた語もすぐ忘れてる
問題点3 実用コミュニケーションの役に立たない
問題点4 覚える語彙が大量

そこで、これらの問題点を解決するためには、どうすればよいかを考えました。

覚えることが困難→楽しくインプットできるようにしよう!
すぐ忘れる→強く定着させよう!
役に立たない→使える語彙力を学ばせよう!
語彙が大量→効率的に学習させよう!

これらの解決策をすべて盛り込んだのが、「竹蓋Vメソッド」なのです。

分数学習の計画

竹蓋Vメソッドでは、単語を一度に覚えるのではなく、学習機会を分散させることで定着度をより高めていきます。

「学習」の後→「小テスト」で理解、
学習不足の個所を明らかにする
→「復習」のサイクルで分散学習を計画

「竹蓋Vメソッド」の実際の流れ

竹蓋Vメソッドでは、10語程度の学習語彙を、5つのステージ(=11ステップ)を 通して学んでいきます。

閉じる