採用企業3800社、のべ受講者数250万人以上のアルク英語教材

3,240円(税込)以上は国内送料無料

よく検索されるワード
キクタン
TOEIC
ヒアリングマラソン

体験者インタビュー 長沼 奈美さん(幼稚園事務職)

アルク児童英語教師養成コース 体験者インタビュー

「小学校英語指導者」は、将来的にライフスタイルが変わっても、年齢を重ねても生かせる資格

英語の楽しさに気づかせてくれたカナダ短期留学。
せっかくだから形に残るものにしたい!

──これまでの英語との付き合い方を教えてください。

高校時代から英会話スクールには通っていたんですが、学校の英語の授業はあまり好きではありませんでした(笑)。でも、社会人1年生のときにカナダに短期留学をしたのをきっかけに、英語を話すことの楽しさに目覚めたんです。

──「小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース(以下養成コース)(*)」を受講したきっかけは?

海外にたびたび行くようになり、英語力も上がってくると、「ただしゃべれるだけではもったいないから、資格を取ったら?」と親から言われるようになって。そんなときに、フィジーで知り合った友人で、日本で児童英語教師をしている方が「(児童英語教師は)子どもの英語だからそんなに難しい英語も使わないよ」と薦めてくれたんです。

幼稚園で働いているものの、特に教育を学んだわけでもないので、最初は「子どもに英語を教える」ということがイメージしにくかったですね。でも、旅先で地元の子どもたちと接するうちにちょっとずつ自信がついてきて、受講に踏み切ることができました。

6カ月の講座を2カ月で修了した秘訣は、
「イメージしやすいものから手をつける!」

──学習の進め方を教えてください。

やると決めたらやらないと気持ちが途切れてしまうので、短期集中で取り組みました。2011年1月から受講を開始して、修了まで実質2カ月程度でした。教材が届いた時には、どこから手をつけたらいいか迷いました。コースガイドにある進め方とは違いますが、内容がイメージしやすいトレーニングから着手して、合間で基礎知識のテキストを進めていきました。

──学習で不安を感じる点はありませんでしたか?

英語で分からないものがあった場合は、インターネットの辞書で調べたり、Skype(インターネット電話サービス)で海外の友人に質問したり。また、質問カード(**)を使って問い合わせたこともあります。

友人に聞くときは、もちろん英語で。これも練習ですから。また、普段からお気に入りの洋楽をデジタルオーディオプレーヤーに入れて聞き、常に英語に触れられる環境を作るようにしていました。

改めて幼児教育の理論を確認でき、
仕事にもフィードバックがありました

──本講座を受講して、何か変化はありましたか?

私は職場の先生方と違って幼児教育など専門の勉強をせずに、いきなりこの職場に入りました。そこで、子どもたちの様子を見ながら、学んできたんです。このコースを学習することで改めて幼児教育の理論を学ぶことができ、普段やっていることの意味を再確認できました。

J-SHINEの「小学校英語指導者」の準認定資格(***)を取得しました。将来的に自分のライフスタイルが変わっても、年齢を重ねても、生かすことのできる資格ですから、いつか役に立てられればと思っています。正資格に書き換えるためには50時間の指導経験が必要になるので、タイミングが合えば地域の小学校の公開授業に行ってみたいですね。

幼児教育の最前線長沼さんが勤務している幼稚園の伊藤裕子園長先生のコメント

子どもたちには、まず「人とつながる楽しさ」を知ってもらいたい

伊藤裕子園長先生

長沼さんを見ていると、「人とつながるためのコミュニケーションツール」として英語を活用していることがよく分かります。このような英語との関係の持ち方はとてもいいですね。

親御さんたちは英語教育というと、「ペラペラ話せる」状態になることがいいと思いがちのようです。もちろん、これからの社会では英語が重要になってきますが、バイリンガルになる必要はありませんよね。

園児たちの年齢では、まず「言葉は違っても、気持ちは通じるよね、楽しいよね」ということを体感してもらいたいんです。そのために、当園では年に1回、ネイティブスピーカーを招いて子どもたちと遊ぶ場を設けています。課外教室として音楽や演劇を通して英語を学ぶプログラムも実施していますが、まずは、園児たちが社会に出た時に「日本人としてのアイデンティティ」を持てるような教育を目指したいですね。

用語解説
* 子どもに英語を教えるために必要な知識と技能を6カ月で習得できるコース。修了後に小学校で英語を教えるほかにも、児童英語教室「アルクKiddy CAT英語教室」の開設の道も開ける。
** 受講中の疑問に、アルクの「学習コーチ」が個別回答するサービス。受講生専用サイト「CAMPUS(キャンパス)」からも利用できる。
*** NPO小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)が「小学校英語指導者」の資格認定を行う。講座を規定の成績で修了し、一定の要件を満たすと、アルクを通じてJ-SHINEへの資格申請ができる。指導経験が不足している場合、「準認定」資格となる。
参考:J-SHINE資格の種類

長沼奈美さん

長沼さんが体験された、
アルク児童英語教師
養成コース

あなたも始めてみませんか?

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース イメージ画像

小学校英語指導者資格認定

アルク児童英語教師
養成コース

標準学習期間:6カ月

講座の詳細はこちら

※学習効果には個人差があります。