採用企業3800社、のべ受講者数250万人以上のアルク英語教材

3,240円(税込)以上は国内送料無料

よく検索されるワード
キクタン
TOEIC
ヒアリングマラソン

体験者インタビュー 堀川 貴子さん(製菓メーカー勤務)

1000時間ヒアリングマラソン 体験者インタビュー

頑張りすぎず「1カ月できるとこまで」。楽しみながら続けていると、知らないうちに英語力アップを実感しますね。

きっかけは国際部への異動。
普通に英語でビジネストークをする上司に衝撃!

──これまで英語とはどう関わってきましたか?

大学時代に英会話に興味を持ち、オープンカレッジに通って学んだり、夏季ホームステイを経験したりしましたが、就職した会社で英語を使わない部署に配属され、数年間、英語とは縁のない日々を過ごしていました。そんな私がまた英語を勉強し始めたのは国際部への異動がきっかけです。
海外駐在経験のある部長が電話で普通に英語で商談しているのを目の当たりにし、「英語は日本語 と同じ"言葉"なんだ。特別なものだと感じていてはいけない。」と大いに刺激を受けました。

──「ヒアリングマラソン(以下HM)」を選んだ理由は?

実は、英語学習再開後しばらくしてから「ヒアリングマラソン中級 コース」にトライしたのですが、わずか1カ月で挫折しました。その数年後、「HM特別お試し3カ月コース」の広告を目にしてやってみたいと思ったのですが、またギブアップするかもしれないという不安感がぬぐえませんでした。
そこでアルクの方に相談してみたところ、「HMの1カ月分の教材を全部やろうと思うと挫折しがち。ラジオやニュース、インタビューなどいろいろあるコーナーから自分が聞きたいものから、そしてできる分だけをやってみてください」というアドバイスをいただきました。ちょうど会社に届いていたサンプルのテキストを実際に見ることができたことも参考になりました。「たった3カ月間 だし、やるだけやってみよう」と、軽い気持ちでチャレンジすることにしました。

夏休みに流し聞きをしたおかげで、
分かる楽しみに目覚めました

──実際にHMを受講してみて、どうでしたか?

最初の1カ月は、いただいたアドバイスの通り、3ラウンドでウォー ムアップ(*)とトレーニング・ジム(**)とニュースくらいしか聞きませんでした。スタートしてすぐに迎えた夏休みのある日、教材のラジオドラマ劇場を流しながら他のことをしていたのですが、何度も繰り返して聞き流しているうちに、だんだん内容が分かって来たんですね。この経験が大きかったです。ドラマなので分かってくると楽しくなる、もっと内容を知りたくてもう少し聞いてみる......。あっという間に3カ月が終了し、そこでやめることなく今もHMを受講し続けています。

──堀川さんが編み出した学習スタイルや工夫はありますか?

私の場合、やはり書くことでよく記憶に深く残るようなので、自分オリジナルのノートを作ることにしました。試行錯誤の結果できたのが、ルーズリーフのノート。 自分が会話で実際に言いたいと思える単語やフレーズを抜き出して、折にふれては目を通すようにしています。テキストなどと一緒にいつも持ち歩いています。
また、私は家では誘惑が多くて勉強に集中できないので、お気に入りの図書館やカフェで学習するようにしています。集中できそうな時にはニュースなど硬めの素材を、ちょっとリラックスしたい時はドラマやインタビューなど自分が聞きたいと思えるものを、あるいはヒアリングをしたくない時にはリーディングをと、その日の気分に合わせて内容を選んでいます。

短期間では上達をはっきりと実感できない。
1年後の変化を期待してがんばろう!

──モチベーションを継続するコツを教えてください。

もちろん私にも「こんなに勉強しているのに全然力がつかない」と しょんぼりすることがあります。
でもそこでくじけずに続けていると、いつの間にか内容を理解できる部分が増え、力がついている んですよね。
1年前の自分と今の自分がどれだけ違うかという長いスパンで見ると、私も聞き取れる内容がぐん と増えています。本当に「継続は力なり」ですよ!

今の仕事では英語をあまり使いませんが、これからどんな仕事が巡ってくるか分かりませんし、英語力は持っていれば絶対にプラスになるもの。巡ってきたチャンスをしっかりつかめるように、今後も英語を楽しむ気持ちでHMを続けていきたいと思います。

用語解説
* 自然なスピードの英語に耳を慣らす初級者向けのコーナー。同じ英文素材を3段階に分けて聞き、概要から細部へと徐々に理解を深めていく学習法「3ラウンド・システム」で学ぶ。
** シャドーイングや通訳のトレーニング方法など「口を動かす練習」を取り入れたコーナー。
聞く力と話す力を同時に鍛えることで、ロジックや話の組み立て方を習得する。

堀川貴子さん

堀川さんが体験された、
1000時間
ヒアリングマラソン

あなたも始めてみませんか?

1000時間ヒアリングマラソン イメージ画像

「本物の英語」で、使える英語を身につける。

1000時間
ヒアリングマラソン

標準学習期間:12カ月

講座の詳細はこちら

※学習効果には個人差があります。