HM35 ANNIV

本物の英語力が身につく、圧倒的学習方法 ヒアリングマラソン 35周年記念企画

ALC アルク www.alc.co.jp
HM35 ANNIV

本物の英語力が身につく、圧倒的学習方法 ヒアリングマラソン 35周年記念企画

ALC アルク www.alc.co.jp

リレーコラム 夢をかなえる英語 後悔しないよう英語の勉強は「できるだけ、早めに」

VOL3 松崎悠希

リレーコラム 夢をかなえる英語 後悔しないよう英語の勉強は「できるだけ、早めに」

VOL3 松崎悠希
松崎悠希プロフィール
1981年9月24日生まれ、宮崎県出身。7歳から劇団に所属し、子供向けの舞台に数多く立つ。高校を卒業し渡米、ニューヨークでストリート・パフォーマンスを始める。03年『ラスト・サムライ』に出演、続いて06年『硫黄島からの手紙』の野崎役を演じる。11年、ディズニーの人気シリーズ第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』に出演。現在もハリウッドを拠点に活動中。

渡米して思い知った英語力

17年前、ハリウッド俳優になるために渡米した頃、僕は自分の英語力にちょっと自信がありました。子供の頃から英語劇をやっていたので、英語は自分にとって身近な存在だったんです。日本にいる時は何かしら単語を発音すれば、「おおー! 松崎君、英語上手いねー!」と、みんなから褒められていましたし、既に自分の中では「ハリウッドレベルの英語」をしゃべっているつもりだったんです。認識が、…甘かった! ひじょーに甘かった!
渡米して数年目、とある映画に出演した際、僕はハリウッドのプロの批評家に自分の英語力をボコボコに叩かれました。「うわー! 松崎君、英語下手だねー! セリフ何言ってんだか全然分からない!」…僕はその時初めて、「日本で上手いレベル」の英語力がハリウッドでは通用しない事を思い知ったんです。失敗の味は、…苦かった! ひじょーに苦かった!

発音のスキルを身に付ける

今さら悔やんでも仕方がないので、僕はそこから死ぬ気で英語の勉強を始めました。僕にとっての英語の最大の難関は、「単語のスペルと発音が一致しない」という部分でした。そこで、克服するためにシンプルな英英辞典(370ページ)を手に入れて、AからZまで全単語の発音記号を暗記。それが済んだら今度は録音された英語の文章を数百時間聞きまくり、「実際に聞こえる音」と「発音記号」をマッチングさせる作業を行いました。その結果、英語の文章を見ても、英語の会話を聞いても、それがすべて脳内で自動的に発音記号に変換されるようになったのです。ああ、渡米前にこのスキルをマスターしていれば…! 後悔するのが、…遅かった! ひじょーに遅かった!
そこから発音記号のスキルをさらに発展させ、「演ずる役によって英語のアクセントを変える」という技術を身に付け、いつの間にやら17年。気が付けばハリウッドの一員になっていました。僕から皆さんに送れるメッセージはただひとつ。英語の勉強は、…早めにね! できるだけ、早めにね!

渡米して思い知った英語力

17年前、ハリウッド俳優になるために渡米した頃、僕は自分の英語力にちょっと自信がありました。子供の頃から英語劇をやっていたので、英語は自分にとって身近な存在だったんです。日本にいる時は何かしら単語を発音すれば、「おおー! 松崎君、英語上手いねー!」と、みんなから褒められていましたし、既に自分の中では「ハリウッドレベルの英語」をしゃべっているつもりだったんです。認識が、…甘かった! ひじょーに甘かった!
渡米して数年目、とある映画に出演した際、僕はハリウッドのプロの批評家に自分の英語力をボコボコに叩かれました。「うわー! 松崎君、英語下手だねー! セリフ何言ってんだか全然分からない!」…僕はその時初めて、「日本で上手いレベル」の英語力がハリウッドでは通用しない事を思い知ったんです。失敗の味は、…苦かった! ひじょーに苦かった!

発音のスキルを身に付ける

今さら悔やんでも仕方がないので、僕はそこから死ぬ気で英語の勉強を始めました。僕にとっての英語の最大の難関は、「単語のスペルと発音が一致しない」という部分でした。そこで、克服するためにシンプルな英英辞典(370ページ)を手に入れて、AからZまで全単語の発音記号を暗記。それが済んだら今度は録音された英語の文章を数百時間聞きまくり、「実際に聞こえる音」と「発音記号」をマッチングさせる作業を行いました。その結果、英語の文章を見ても、英語の会話を聞いても、それがすべて脳内で自動的に発音記号に変換されるようになったのです。ああ、渡米前にこのスキルをマスターしていれば…! 後悔するのが、…遅かった! ひじょーに遅かった!
そこから発音記号のスキルをさらに発展させ、「演ずる役によって英語のアクセントを変える」という技術を身に付け、いつの間にやら17年。気が付けばハリウッドの一員になっていました。僕から皆さんに送れるメッセージはただひとつ。英語の勉強は、…早めにね! できるだけ、早めにね!

リレーコラムトップ
ページトップへ戻る